12.8 AKB48劇場3周年特別記念公演


★チケット&入場抽選
入場順は70→120→150→200→110→20→221→140→210→30・・・10順、センター6列目

★出演メンバー
チームA:板野友美、川崎希、小嶋陽菜、佐藤由加理、高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ
チームK:秋元才加、梅田彩佳、大堀恵、奥真奈美、小野恵令奈、小林香菜、佐藤夏希、野呂佳代、早野薫、増田有華、松原夏海、宮澤佐江

★公演前の影ナレ(高橋みなみ)
「皆さん、こんばんは。高橋みなみです」客拍手「いやぁ来ました。12月8日、3周年です。皆さんと一緒に盛り上がっていけたら嬉しいなと思います。今日も一日よろしくお願いします」」

★公演スタート
M01.PARTYが始まるよ(全員)
M02.Dear my teacher(全員)
M03.毒リンゴを食べさせて(全員)

★MC1.自己紹介(3周年を振り返ってのエピソード)
高橋「皆さん、本日はAKB48シアター3周年記念公演です」客拍手
「今日は私達の出発点でもある『PARTYが始まるよ』公演を行いたいと思います」客拍手
「そして、AKB48シアターの名物と言えば柱です。柱をご覧下さい」と言うと柱がライトアップ「3本目のラインが入りました」客拍手
「AKB48の歴史を刻んでくれている、AKB48シアターが3周年を迎えると言うことで私達も本当に嬉しいです。これもいつも応援してくれるファンの皆さんのおかげです。ありがとうございます」客拍手
「それでは3周年特別記念公演に出演するメンバーのご挨拶と自己紹介をさせて下さい。今日のお題は3周年を振り返ってのエピソードをお願いします」

こじはるおじさん コールは聞こえず
小嶋「聞こえなかったですけど」客w「埼玉県から来ましたこじはること小嶋陽菜です。最初AKBに入ったとき、office48の人に騙されたと思ってやってみろって言われて、騙されたのかなって思ってたんですけど、こういう風になって良かったなと思いました。4年目も頑張ります」」

小林「はーい、みんなどこ見てるのかな?」客:香菜~「香菜のことちゃんと見ててくれるかな?」客:もう香菜しか見えないから~
「香菜こと小林香菜です。まだ2年半なんですけど、振り返って、まず何の公演か言えないんですけど、当時ブルマをはくユニットがあって、ブルマをはかないで白パンというパンツで間違って出ちゃったんです。それが今でも衝撃的な。見た方も衝撃的だと思うんですけど」客w
「そして、今日はお手紙とプレゼントをありがとうございました」客:おぉー&拍手「頂いているかどうか分からないんですけど、初心に戻って言ってみました。今日も皆さんと一緒に楽しみたいと思いますのでよろしくお願いします」

前田「3年ってことは、もうすぐ新人なんでとかかわいがってもらえなくなるんじゃないかなと思うので、3年って短くないじゃないですか。高校とか中学とか3年で人は変わっていくということで、私ももうそろそろ変わらないといけないかなと思うので、髪の毛を切ってみました」客拍手「思ったよりも若くなってしまって、10歳くらいかなと・・・ちょっとショックなんですけど。はい、今日も頑張ります」

高橋「小学校5年生の時から背が1センチも伸びていない高橋みなみです。3年を振り返って、成長を感じるのがあるんですけど。見ての通り・・・」客w
※あっちゃんがたかみなに寄って腕をたかみなの肩に乗せる。その後に、みぃちゃんも1回転してたかみなに寄る
「君は(みぃちゃん)いいんだよ。当時はそんなに変わらなかったんですけど、3年の月日を経てこのような状況に」客w「しかもPARTYの衣装、自分のなんですよ。袖が長くなっているんですけど」客w「縮んでいるなんて認めないよ」
「3年分をぶつけていきたいともいますのでよろしくお願いします」

峯岸「ダンス大好き、峯岸みなみです。3年前は13歳と言うことで、響きからして若いじゃないですか。その頃は平嶋なっちゃんと増山加弥乃ちゃんで子供子供って言われて、子供3人として括られていて、早く大人になりたいと言っていたけど、今となっては年をとる恐怖というのが」客爆笑
高橋「ちょっと」めーたんの方を見る
峯岸「1年、1年大事に今年も頑張っていきたい思います。今日は初心に戻って若々しくフレッシュに頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします」

宮澤「ゲンキングこと宮澤佐江です。実はチームAさんのオーディションに応募してたんですよ。でも締め切りギリギリに書類を送ってしまったのでチームKのオーディションを一から受け直して今このステージに立ってるんですけど、リアルに3年前はトガブロを見てて、今日やっとステージ迎えたんだチームAの人みたいな感じで、皆さんと同じくらいAKBが好きなので、今日はそのパワーを久しぶりに出せるように頑張りたいと思います」

1列目、捌ける

大堀「スーパーロリフェイス、めーたんこと大堀恵です。ババフェイスよ。ホントごめんなさい。3年前、カフェの店員として初めてカフェに立ったんですけど、その時のステージがたった一つの扉なんですけどすごく遠く感じて、オーディション頑張ろうと気合いを入れた想い出があります。今日は夜の公演ですし、夜のPARTYですから。楽しみましょう」

増田「笑顔ニコニコ、元気モリモリ、たこ焼きめっちゃ好きやねん!大阪魂炸裂の17歳、増田有華です」客拍手「めっちゃ懐かしいな。2年半ちょっと前くらいに劇場に来てそこら辺で(センター5列目上手柱内1~2くらい)見てたんですよ。その時、大阪やから秋葉原ってなんや?って思ったんですけど、ここに見に来て絶対にここに立ちたいって思ったんです。オーディションを受けて、受かって、今ここに立っているんですけど、大阪に帰りたいと思う間もなく3年が過ぎたんですけど、今日はその分パワフルに力を出し切って行きたいと思うんですけど。今日はいろんなファンの人がいますね。チームAとかチームKとかチームBとか」客w「チームの枠とか関係なしにひまわりの時みたいに仲良くして下さい」

佐藤由「ゆかりんこと佐藤由加理、16歳です」客:えぇー「私、3年前は16歳だったんですよ」
他メン「えっ?」
佐藤由「17だったんだ。危ない危ない。3年前と言えば、一番仲良くなれないなと思ったのがノゾフィスだったんです」客w「一番最初にレッスンした時に、のんちゃん強めで、もうちょっとそっちに行ってって」客w「今は仲良くなれてホント良かったなって思うし、3年間生き残れて良かったなって思う」客拍手「4年目も生き残れるように頑張ります」

小野「いつも元気な15歳、えれぴょんこと小野恵令奈です。記念すべき3周年なんですけど、未だに声の調子が治っておらず枯れ気味な声なんですけどよろしくお願いします。3年前を振り返るとチームKができて、一番始めのレッスンの時に紙が配られたんです。歌の上手い人達みたいな、主要メンバーみたいなのがあったんです。私と奥の名前がなかったんですよ。下の方を見たら小さく米印があって、括弧、小野プラス奥は二人で一つ」客w「同じ年のかおりんが主要メンバーに入っていたのに私と真奈美は二人で一つってなって。その時はやったねって言ったんですけど、正直ね、なんでこうなっちゃったんだろうね」客w「今はこうやって一人一人のポジションがもらえて、頑張っていくのでこれからも頑張りたいと思います」

早野「薫のKは輝きのK、煌めきのK、チームKのK、シャイニングガール、かおりんこと早野薫です。AKB48に入る前に公演を見に来たことがあったんですけど、一つ印象に残ったことがあって、ゆかりんのホワワーン(エコー)」客:やって
佐藤由「ホントに?いいの?じゃぁ、皆さん目をつぶって下さい。ホワワーン」
早野「ゆかりんを見た時にこれがアイドルっていうものなんだなと。ゆかりんと一緒の舞台に立っているのが不思議な感じです」
佐藤由「そんな時代もあったよね」

奥「中学一年生、最年少の奥真奈美です。3年前はいなかったんですけど、チームKのデビュー当初から比べると、ランドセルを卒業したし、真顔で踊らなくなったし」客w「踊れるようになったし・・・」

松原「チームKのなっつみぃこと松原夏海です。チームKの2年半なんですけど、2年半の中で一番、意外な楽しさを見つけられたのはひまわり組だったかなと思います。ひまわり組は今はやってないんですけど、チームAのみんなと一緒に踊れるのがすごい楽しいです」

2列目、捌ける

秋元「強く気高く美しく、20歳の才加こと秋元才加です。久しぶりにこの衣装を着れて嬉しいんですけど、3周年、今日劇場に来た時に、今日3周年よろしくお願いしますってステージに向かってお辞儀したらウザイって言われました」客w「日ごろの感謝を。自分的には似合ってるって思ったんですけど似合ってないって。みんな結構似合っているのにって言われているのに。2年半充実した毎日を過ごさせていただいたかなと思います」

梅田「福岡県出身の19歳、20歳まで1ヶ月を切りました梅田彩佳です。3年間の想い出は1stのリバイバル公演をやった時に、毒リンゴをやっている最中にスカートが落ちちゃって、ウワーって思ってスカートを持ったままはけたのが一番ハプニングで、今日はそれがないようにお昼ご飯を少なめにしてきました。今日もAの人とステージに立つのが初めてなので頑張りたいと思います」

板野「二度とすることのないと思っていたツインテールをしてみました。皆さんも一緒に言って下さい。お耳がぴょんぴょん、ともちんこと板野友美です」客拍手「3年間やってきてAKB48シアターがすごいなと思ったのは同じ場所なのに1公演、1公演空気感が違うなと思って、A5thをやってきて久しぶりに1stをやってるんですけど、1stの頃に戻った気持ちになって、この空気感はすごいなと思いました。今日は1stの頃の自分に戻ってはっちゃけたいなと思います」

佐藤夏「1+2=Nなっち、真夏のティンカーベル、Nなっちこと佐藤夏希です。私はチームKとしてデビューして2年半経ったんですけど、当時チームKがデビューした時にファンの方のブログを見つけてみてたんです。ちょうどデビューした当時なので印象をあいうえお順に書いていた方のブログだったんです。秋元才加ちゃん、とても力強いダンス、格好いい、自分のこと何て書いてあるんだろうって思ったら、佐藤夏希、給食のおばさん、よろしくお願いします」客w

川崎「皆さんこんばんは、川崎希、みんなからノゾフィスって呼ばれてます。さっき楽屋で3年間の想い出を思い浮かべてて、一番印象的だったのが苗場のスキー場のことでした。今は社長になりたいわけでもなく、グラビア芸人として頑張っていくのでよろしくお願いします」

野呂「知っている方はご一緒に、セクシーアーイ」客反応薄「びっくしちゃう。みんなの反応と違うんだもん。完全にさらし者に近い。中学生が3年間経つのと、22歳が3年間経つのとどれだけ違うかというのを見て戴きたい。私は3年前、夢と希望を持ってここに入ってきたにもかかわらず、今は生き残りを競ってる」客w「やっぱり25歳というのは大変だなと。今日はその時の想いをはらして、ヤジ罵声禁止って書かれないように」客拍手「頑張るぞ!」

板野「え~、野呂さんもうちょっと長めに喋って下さい」客w
野呂「思い出せばですよ。毒リンゴが段差になっているじゃないですか。MCの時に前に出るんです。そうするとドスコイ、ドスコイ」客w「何て酷いんだ。ここはアイドルを見に来る場所じゃないのかと。夢を応援するところじゃないのかよ」
秋元「相撲を見に来た訳じゃないから」
野呂「傷ついて帰りましたよ。ちゃんと前に働いてたんで、みんなからかわいい、かわいいってチヤホヤされて、今は一生懸命やってますよ。軽い気持ちで、おまえが軽い気持ちで送るなっていう感じだけど・・・(時間が来て)巻いて、巻いて、頑張るぞ!」

板野「AKB48シアター、3周年に相応しくお送りしたいと思います。まずはこのユニットからです」

★ユニットソング
◆M04.スカート、ひらり(前田、峯岸、小嶋、小林、宮澤)
◆M05.クラスメイト(佐藤由、奥、小野、早野、松原)
◆M06.あなたとクリスマスイブ(高橋、増田)
◆M07.キスはダメよ(大堀、佐藤夏、野呂)
◆M08.星の温度(板野、川崎、秋元、梅田)

★MC2(スペシャルクイズ大会)
フロントは上手から宮澤、前田、小野、高橋、小嶋

宮澤「ユニット曲、続けて5曲聴いて戴きました。懐かしく感じた方も初めて見た方も皆さんいかがでしたか?」客拍手「今日は劇場が3周年と言うことでスペシャルクイズをやりたいと思います」客拍手
他メン「何それ?」
小野「聞いてない」

宮澤「答えるのはメンバーなんですけど、皆さんも一緒に考えて下さい。3年前だから楽勝だと思うんだよね」
高橋「何で?」
宮澤「答えられて当然という考えをしますのでよろしくお願いします」
「第1問、今までの観客動員数は?」
奥「コンサートも含めて?」
宮澤「劇場」
奥「300人?」客w
宮澤「今日、300人以上の方が来てくれてますよ?」※300人以上は入れません
早野「今日でしょ?」客w
宮澤「今日じゃなくて3年間含めて」
小林「250」客w
宮澤「はぁ?3年前から今日まで」
峯岸「はい!」
宮澤「見た?」※宮澤の後ろに峯岸がいるため宮澤が持っている紙を見たのかと言うこと
峯岸「延べ1000万人」
高橋「はい」
宮澤「次ラスト、たかみなちゃんと締めてね」
高橋「250×365×3イコール6万・・・くらい」客:えぇ~ ※273,750なんだが・・・
宮澤「だめだめだよ。正解は325,000」
高橋「一、十、百、千、万、十万、百万、千万・・・」
宮澤「行き過ぎ。分かった人いますか?」※野呂が手を挙げる
野呂「やっぱり分かってたよね」客w

宮澤「次の問題、公演最多出演メンバーは、第2位は平嶋夏海ちゃん、第1位は誰だ」
小嶋「アイツじゃないの?」客爆笑
宮澤「アイツってどいつ?」
小嶋「1000回公演をやってて私500回出てるんですよって言ったアイツですよね?」客w
宮澤「ここで名前出します?」客:やめとけ
小嶋「チームBの(浦野)一美さん」
宮澤「正解」客拍手「ちなみにCinDyは570回も出てるらしいです」

宮澤「今でこそこんなにたくさんの方が見に来てくれているAKB48シアターですが、シアターが満員になったのは何年何月何日でしょうか」
早野「勘なんですけど、2006年2月1日?」客:おしい
小林「2月1日の夜公演?」客w
宮澤「Aの人~あっちゃん」
前田「えぇ~?」
宮澤「あっちゃん、分かって当然でしょ?2006年2月までは合っているんだよ」
前田「2月18日」
宮澤「1~5の中にある」客w
前田「意外と難しいよ」
宮澤「2、3、4、5の中にあるよ」
前田「じゃぁ、2」
宮澤「ファイナルアンサー?」
前田「ファイナルアンサー」
宮澤「残念」客w「正解は2006年2月4日です」

宮澤「第4問目、AKB48はメンバーがたくさんいますね?AKB48シアターで出されたメンバーへのお弁当はいくつでしょうか?」
前田「いつも多めに」
宮澤「いつも残るよね」
前田「いつも4つくらい残ってる」
宮澤「スタッフさんの分もあるよね。まぁちゃん今日頭いいね」
奥「2万個?」
宮澤「おしい」客:おぉー「ビックリした」
増田「24,000」
宮澤「おしい」
高橋「23,000」
宮澤「おしい~」
高橋「22,000」
宮澤「ん~」
高橋「その間?」
宮澤「22,700です。惜しいね。この人数で22,700も食べたんですよ」
小林「この劇場何個分?」
宮澤「お弁当の大きさにもよるね」

宮澤「第5問目、ずばり今現在のAKB48のステージの楽曲数は何曲でしょうか?」
ここで星の温度メンバーが登場
秋元「約・・・」
宮澤「約とかいらないから」
秋元「97」
宮澤「ブー」
高橋「リクエストアワーセットリストベスト100やっているから100以上ある」
板野「139」
宮澤「惜しい」
板野「142」
宮澤「続けて答えた。ちゃんと手を挙げて下さいね」
板野「148」
宮澤「惜しい」
秋元「143」
宮澤「ブー」客w
高橋「149」
宮澤「ブー」
松原「少ないか多いか教えて」
宮澤「150から160の間。また小林?」客w「なっち」
佐藤夏「158」
宮澤「惜しい~正解は156曲です。すごいね。全てこの歌詞を書いた秋元さんもすごいよね」

宮澤「第6問目、今までAKB48シアターにて行われた公演数は何公演でしょうか?チームAさんが383回、Kが313回、ひまわりが232回、Bが348回」
秋元「1,025回」
野呂「分かりません」客w
宮澤「じゃぁ千何百回くらいだと思う?」
他メン「1,200」
秋元「1,300」
宮澤「1,300?」
小林「56」
宮澤「1,300・・・」
大堀「1,317」
宮澤「ピンポーン」客拍手「すごいね」

宮澤「ラストです。絶対にここにいる皆さんも答えてくださいよ。AKB48シアターでの皆勤はチームKでは秋元才加ちゃん」客拍手「松原夏海ちゃん、チームBでは多田愛佳ちゃん、柏木由紀ちゃん、仲谷明香ちゃん、仲川遥香ちゃん、ではチームAでは?誰でしょうね?分かった人」
他メン「はーい」
増田「あの人やん」
秋元「全然分かってますよ」
宮澤「お口をそろえて」
他メン「高橋みなみ」
高橋「何だって?」
他メン「高橋みなみ」
高橋「やったー」客拍手
奥「どこまで?」
宮澤「お仕事抜かして。たかみな、体壊さない秘訣とかあるんですか?」
高橋「風邪を引くときはときたまあるんですけど、根気で。全ては根気で」
宮澤「だいじょうブイって言えば大丈夫?」
高橋「それ言っていいっすか?言っちゃっていい?」
宮澤「どうぞどうぞ」
高橋「風邪引いたってだいじょうブイ・・・」微妙な空気「何となく読めましたけどね。多分みんなやってくれねぇだろうな」客w
宮澤「たかみなに拍手と言うことで」客拍手「

小嶋「それではAKB48にとって、とっても大切な曲聞いて下さい。桜の花びらたち」

★後半戦
◆M09.桜の花びらたち(全員)

宮澤「やっぱ良いですね。初心を思い出しますね。それでは次の曲はホントに最後の曲です」客:えぇー「最後の曲、聞いて下さい。青空のそばにいて」

◆M10.青空のそばにいて(全員)

★アンコール休憩(戸賀崎劇場支配人挨拶)
「本日は3周年記念公演にお越しいただきありがとうございます。本日はこの場をお借りして、皆様に感謝の気持ちを伝えたいなと思いまして、本当にありがとうございました」客拍手
「今日という日が迎えられたのも応援してくれているファンの皆様というのは分かっているのですが、3年前思い出しますと、毎回その話かよと」客w
「ホントに右も左も上も下も分からない中で始めたこの劇場を、3周年を迎えられたことに感謝をしています。たくさんの初めてを経験して、今日があることを絶対に忘れちゃ行けないなと思います。ファンの皆様も初めて劇場にいらした日があると思います。その日から3年なのか、2年半なのか、2年なのか分かりませんが、初めて公演中にレスをもらえたとき」客w「初めて最前に座ったとき」客:おぉー「初めてポラを撮ったとき」客w
「初めて自分が見たいと思った公演を見に行けなくなったとき、いろんな初めてを経験して今なおここにいらしている皆様に感謝しています。本当にお礼申し上げます。何でいろんな辛いこともあったと思います。スタッフの力不足のせいで嫌な思いをしたこともたくさんあると思います。でもそれを上回るメンバーの頑張りと皆様の応援のおかげで今日という日を迎えられたのだなとしみじみ感じます。3年前を振り返って、劇場のオープン、1月は篠田がカフェからのこっそりメンバーになったり、桜の花びらのリリース、2月4日は初めての満員御礼、宇佐美友紀の卒業、チームKのデビュー、いろんなことがあって今日という日があると言うことを忘れちゃいけないなと思いまして、たまにはガチャの販売だけでなく支配人らしいことも」客w
「これかもAKB48は皆様の思い出も、メンバーの思いも、スタッフの思いも、いろんな人の思いを詰めて成長して行ければなと思います。3年間ありがとうございました」客拍手
「これからアンコールと言うことで、3年ぶりに僕が発動したいと思います」客:おぉー
「それでは皆さん、3周年のアンコール行きましょう。アンコール!」客:アンコール
以下、アンコール

◆EC1.AKB48(全員)
◆EC2.スカート、ひらり(全員)

峯岸「今日、この3周年記念公演を迎えられたことを心から嬉しく思います。このAKB48シアターとAKB48の歴史はファンの皆様、秋元先生を初めとするスタッフの方々、チームA、K、B、研究生、そして巣立っていった卒業生、みんなで作り上げてきたものです。このことを忘れずに私たちは夢に向かって進んでいきます。そして必ず、この暖かいAKB48シアターという家に帰ってきます。この柱のラインが全て埋まるときに私たちがどうなっているのか楽しみですね」客w「これからも一歩一歩成長していく私たちをよろしくお願いします」
全員「よろしくお願いします」客拍手
峯岸「それでは最後の曲です。聞いて下さい。桜の花びらたち」

◆EC3.桜の花びらたち(全員)

高橋「3周年特別記念公演、皆さんいかがだったでしょうか」客拍手
「最後に3周年を記念してハイタッチを行いたいと思います。ホントに皆さん今日はありがとうございました」
全員「ありがとうございました」客拍手
高橋「いつもの挨拶をしましょう」

全員一列になって礼、20時48分公演終了

公演終了後、ハイタッチ会を開催。

★メモ

★あとがき
仕事が忙しくてなかなかまとめられず、今さらですがアップしました(^^;)
自分の記録と言うことでね。

1周年と2周年はチームA公演でしたが、3周年はイベント日になり何をやるか誰が出るのか全く発表がなく分からずじまい。
当日、友人達とのメールで何やるんだろうねという話しをしていて、普通にAとK合同のPARTYじゃない?って返したんだけど、それが本当になるとは思わなかったw
チームAの7人に対して、チームKは12人だったのでK公演の印象が強かった。
3周年と言うことで、デビュー当時の髪型だったり、キャッチコピーだったりと懐かしさを感じた。
ともちんの「お耳がぴょんぴょん」とか、香菜の「お手紙とプレゼントありがとうございました」とか、メンバーそれぞれ懐かしいところがあった。

スカひらの時、たかみながいなかったので??って思ったけど、あなクリに出るのだろうと思ってたら有華とあなクリを歌った。
どうしてもあゆちると比較してしまうのだが、この曲はやはりオリジナルの方がしっくりくる。
たかみなと有華も歌は上手いのだけれども、この曲を聴いてその情景が浮かぶと言うことはなかった。
あゆちるが嵌りすぎてたのかもしれないし、自分の想いが強かったからなのかもしれないけど・・・。

あっちゃんのショートカットは久しぶりだな。やっぱり、あっちゃんにはショートが似合う。
A1stの頃の髪型とはちょっと違うけど、見た瞬間、高まってしまった。
まぁ公演の方は、振りを忘れているのか動きは良くなかったな。スカひらのひらり具合も大人しくなってしまった・・・w
あっちゃんが劇場が満員になった日を2月18日と言った時、それは私の劇場デビュー3周年・・・と心の中で突っ込んでしまった(^^;)

来年の4周年は果たして何人が残っているのだろうか。
PARTY公演をできるメンバーが少なくなってきたらSKEから借りてくるのだろうか?
それをやるくらいならB4thはPARTY公演で・・・ってそれはないな。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください